生え際の薄毛に悩んだときの対策とは?

前髪の1本1本が細くなって前髪をつくるにおに苦労するようになってきた!
生え際が薄くなって地肌が透けるとおでこが広がったみたいでハゲてるみたいで嫌!
「あれっ?ちょっとヤバイかな?」なんて思ってませんか?

 

生え際薄毛は年齢が40歳を過ぎてからなる・・・というわけではありません。
10代・20代の学生から30代でも悩む人が増えているし、女性や男性といった性別も関係なく
生え際の薄毛化の症状は発生しています。

 

もう薄くなってきてしまったのだから仕方ない!なんて簡単に諦められる問題ではありません。
あきらめたくないと思うのが当然ですよね!

 

生え際の薄毛の主な原因とは?

生え際の薄毛は、だれもが持っている「テストステロン」という男性ホルモンが「5αリダクターゼ」という酵素と結合すると強力な脱毛ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」に変化します。これを男性型脱毛症といいますが、女性でもホルモンバランスの変化で女性ホルモンが減少し男性ホルモン寄りになったときに発生します。

 

また、血行不良になって髪の成長に必要な栄養素が毛母細胞まで十分送られなければ栄養不足になって、細く弱々しい髪になってしまったり、ちょっとしたことで抜けやすくなってしまい薄毛化が進行してしまうのです。

 

ですから、これらの原因を排除する生え際の薄毛対策をおこなっていけばいいのです。

 

育毛剤の力そのためには育毛剤の力が必要になってきます。
育毛剤をアシストするシャンプーそしてその育毛剤をアシストする頭皮改善シャンプーが有効になってきます。

 

となると、どんな育毛剤やシャンプーがいいの?っていうことですよね。

育毛剤を選ぶポイントは、

DHT(ジヒドロテストステロン)を撃退する成分を含んでいること。
血行促進作用があり血流の流れを良くして栄養が毛母細胞に届きやすくしてくれること
使いやすく最低でも3ヶ月から6ヶ月は継続して使えるもの

 

生え際は、他の部分よりも時間がかかるといわれています。
せっかく買った育毛剤の成分がどんなに良くても、

  • 刺激が強くてヒリヒリする・・・
  • 香りが強くて周りに育毛剤を使っているのがバレないかヒヤヒヤする・・・
  • ネトネトしてつけ心地が悪い・・・

といった場合は、使い続けるのが困難で使用を止めてしまう結果になるはずです!

育毛シャンプーを選ぶポイントは、

シャンプーは頭皮の汚れや毛穴に詰まった皮脂をきれいに洗浄してくれるもの。
頭皮が汚れていては、せっかくの育毛剤の成分がブロックされてしまっては効果が半減してしまいます。
有効成分が頭皮からしっかり浸透するような頭皮環境をつくるとより効率的です。

 

とはいうものの洗浄力の強い一般的なシャンプーは刺激も強く頭皮に負担を与えてしまいます。
ですから程よい洗浄力で頭皮に害を与えるような化学合成成分を含まない優しいシャンプーを
選ぶ必要があります。

 

 

上記の選ぶポイントを踏まえたうえで、
選ぶべき「育毛剤・シャンプー・サプリ」がこれです。

 

男性におすすめ男性の方には
育毛剤はこちら
育毛シャンプーはこちら
髪に栄養を与えるサプリメントはこちら

 

女性におすすめ女性の方には
育毛剤はこちら
育毛シャンプーはこちら
髪に栄養を与えるサプリメントはこちら